ぶどう園の所有者でワイン製造者でもある アッコルネーロファミリーは曽祖父バルトロメオの精神と情熱を受け継いで 高品質のワインを醸造し続けています。

バルトロメオ アッコルネーロは1839年に生まれ 現在の農園に隣接する小さな農園を所有していたジュゼッピーナ ラザーニャを妻として 5人の息子がいました。バルトロメオは自分の土地を耕作するほか 息子ジュゼッペと協力してカローリ伯爵の宮殿(現在ビニアーレ モンフェラートの州立ワイン展示館となっている)の土地の小作人をしていました。
何年もの苦難を伴う仕事と努力の結果 1897年に貴族ネーグリカヴァリエーリから 
チーマ農園を購入しました。世代は引き継がれ ジュゼッペの息子ジョヴァンニ バッティスタ アッコルネーロとアルフォンシナ コッポとの婚姻により ジュリオ アコルネーロが誕生しました。彼は 現在の農園の所有者で 妻マウリッチャと息子エルマンノがいます。

チーマ農園は全20ヘクタールの面積をもち ヴィニアーレ モンフェッラート市にあります。ぶどう園の耕作、天然肥料の使用、環境に悪影響を与えない製品により 土地は植物衛生的に保護されています。

会社のワイン貯蔵庫はすべて近代設備が整えられ 伝統的手段でワイン醸造がなされモンフェッラート地域ならではのすばらしいワインを皆様に提供しております。

 

 

CREDITS:
Project Manager: WellCom | Progetto ed implementazione I.Com Multimedia  

PRIVACY POLICY